個人再生 住宅ローン

個人再生の場合の住宅ローンは、返済をする義務はあります。

住宅やその他不動産を購入するのに組んだ住宅ローンは、その他のいわゆるカードローンなどの借金とはその性質を異にします。借金を整理するために裁判所に申し立てて借金の整理を行う、自己破産や債務整理の中で、自己破産については住宅ローンもなくなる代わりに財産もすべて失ってしまいますから、所有する不動産も失うことになります。ただし、個人再生手続きの場合は、住宅ローン以外の借金について裁判所で認可された再生計画に基づき、返済を行っていきます。カードローンなどの総額を5分の1まで減額してそれを3年間で返済するというものですが、この個人再生の場合は住宅などの所有する財産は手放さなくていいのが最大のメリットです。住宅の所有権は残りますので、そのローンの返済はしなければいけないということになります。個人再生は、毎月一定額以上の給料がある人など特定の人に限定されるために、申し立てる際には弁護士などの専門家への相談が必須です。